水溶性コンドーム

毒にも薬にもなったほうがいいんじゃないのか

仁義なき課金vs無課金論争

今やスマートフォンは「高いゲーム機」と言われてしまうほど、ソーシャルゲーム、略してソシャゲは普及している。
ゲームに一切興味のなかった私の上司ですら、iPhoneを手にして二年目、ついにソシャゲ漬けになってしまった。
ジャンプを買えば毎週裏表紙はソシャゲの広告、ランチを取りにいけば大多数がスマホ片手にゲーム。そういう時代だ。

そんな「ソシャゲ界隈」で定期的に起こる論争がある。
それが「無課金ユーザー vs 課金ユーザー」という不毛な論争である。
ちなみにこの記事は、どちらかを擁護するとかそういう目的ではなく、あくまで論点の整理が目的である。

お互いの主張

まずは、SNSでよく見るお互いの主張をあげてみる。

課金者の主張

・課金者が居なくなったらサービスは終了する
・課金をしているのだから、無課金者より優位に立ち、優遇されるのは当たり前
・ビジネスなのだから、このゲームは課金者によって成り立っている

無課金者の主張

・基本無料なのだから払うこと自体がおかしい
・サービスが終了したら(課金したものは)無意味になる
・無課金でここまでやれている自分は凄い
・課金者が優遇されるのはずるい

どちらも本当に僅かな層だが、だいたいこんな感じのを良く見る、そしてだいたいバズっている。
もう圧倒的水掛け論。


課金しますか、しませんか

ソシャゲのビジネスモデルは明確で、
「基本ダウンロード・プレイは無料」
「但し課金をする事によって他のプレイヤーより近道ができる」

である。

この「近道」はゲームによって様々だが、概ね「ゲーム内のガチャ利用・プレイ時間を延長する為に使うアイテムを購入する」というものだ。
ガチャは100%を保証するものではないが、「他人より多くガチャを利用することができる」ようになり、当然優位になる。
また、いわゆるスタミナを消費するタイプのソシャゲは、このガチャ用のアイテムを使用することによってスタミナを回復できるようになっており、「通常時間経過によって貯まるのを待たなければいけないスタミナを一瞬で回復できる=プレイ時間の増加」という恩恵も受けることができる。
これが課金者の持つアドバンテージである。

ただし勘違いしてはいけないのは、あくまでこのソシャゲは「基本無料をうたっている」ことだ。
お金を使うか使わないかは本人の意思であり、そこには優劣はない。
「無料以上のサービスを受けたければお金を払ってね!」というだけだ。

ではそれぞれ、ソシャゲ運営に対してどう貢献しているのだろうか。

課金者の場合

・運営会社に対してお金(=運営資金)を払っている
・そのゲームをプレイしている(SNS等の宣伝効果)

無課金者の場合

・そのゲームをプレイしている(SNS等の宣伝効果)

差はあるが、どちらも貢献はしている。
プレイさえしていれば、それはSNSなのかブログなのか飲み屋なのかしらないが、友達なり、そこから広がってプレイヤーが増えるかもしれないし、彼らは課金者になるかもしれない、そういう意味ではプレイする事自体が広告なのだ。
事実、ジャンプなんかの裏表紙に載ってるソシャゲの広告で、一番うたわれているものは「ダウンロード数○○万突破!」である。


私の家の近くに、「60分までは駐車無料」の駐車場がある。
・60分経つ前に車を出して無料で使用する
・60分以上停めたいからお金を払う
この二つはどちらも間違っていない。
間違っているのは
「(お金を払っていたとしても)60分以上停めているのはずるい」
と言い出してしまうごく僅かな層であり、またわざわざ
「俺は金払って120分停めてるんだぜ」
と主張してしまう層である。


そのほかにも、入口が「基本無料」を大々的にうたった結果、「そもそも無料で遊べるのが当たり前」になり、「課金者への優遇はずるい」に繋がっている気がする。
そしてそこに反応する一定層の「課金者」がいて、結果対立が起こっている。
要するにこれは、ただの「価値観の押し付け合い」である。
そこには「基本無料」を入口とするソーシャルゲームのビジネスモデルがそもそもどうなのか、という問題はあるが。

課金者も無課金者もプレイヤーなのだから、プレイヤー同士仲良くすればいい。
差はあれどもどちらも運営に貢献しているのだから、区別をつけて叩き合う必要なんてない。
そもそもだよ、そのゲームに課金をするかどうかは、ビジネスなのだから、運営の努力次第ということもある。
課金しようがしまいが、その人のプレイスタイルがあり、そもそも決められたプレイスタイルなどない。

まして個人の経済力が云々とか言い出したら、そんなものはもうソシャゲは関係ない。
経済力なんて、その人のそれまでの人生の結果なのだから。

ただ見てて思ったのは「本当にくだらねぇ」に尽きる。

notランカーが書く魔道杯所感

2017年8月25日~28日の、魔法使いと黒猫のウィズ「大魔道杯in聖サタニック女学院2」の感想。

兎にも角にも僕のような微課金一般プレイヤーには今回は特段辛いと感じた魔道杯で、折角なのでメモしておく。

 

 

用意していた陸式デッキ

           マナ 結晶 結晶
UGリルム +399 犠牲魔術+60 インフローレ
アイドルガトリン +400 ATK+300 パネルブースト
アイドルガトリン +400 ATK+300 ATK+300
キワム&コヨミ +200 パネルブースト パネルブースト
新人王ミルドレッド +200 アドヴェリタス 大魔術+200

 

戦士マナの登場により、微妙な乱数残りがなくなった3T+SS+SSデッキ。

結論から言うと1回も使わなかった。

 

 

そして魔道杯開始…と思いきや

全国規模の通信障害により、なんと開催時間が変更。

実はこの日、仕事の都合で午後には帰宅していた為、見事出鼻をくじかれる結果に。

ワクワクを返して………。

 

1日目 チームルルベル

16:00ではなく20:00から開催との知らせがあり、僕は仕込み*1を済ませ優雅にお昼寝をしていた。

飛び起きた時には20:10…仕込みとは………

すでに速報でイベント覇級が火推奨だと知った僕は、陸式に行くことなく適当な火単色デッキで特攻。

クリアできてしまったのでそれを骨組みに組み直し、周回を開始する。

 

◆使用した火単デッキ

           マナ 結晶 結晶
CD2エニィ +400 ATK+300 ATK+300
CD2エニィ +400 ATK+300 烈眼
メアレス1ミリィ +200 ATK+300 魔族ATK+300
八百万4ハヅキ +200 火単ATK+300 インフローレ
サタ女2ミィア +400 アドヴェリタス 残滅+100

2-ミィアSS-1-1-エニィSS×2 6T

1周2:50前後。今考えると、「誤答もOKじゃん!」とこれで満足したのが悲劇の始まりだった。

この日はデイリー報酬狙いで276,953P、891位で終了。

f:id:lucy-flcl:20170828231855j:image

 

 

地獄の2日目 チームルルベル

チーム魔道杯*2に150万でエントリーしていた為、予定通りデイリー特攻を敢行する事に。

デッキは前日のままスタート。

 

開始直後はまずまずで、デイリーボードに載ったまま走り続けていたのだが、朝方悲劇が起きる。

とにかく眠いのである。

前日の昼寝はなんだったのかというレベルでとにかく眠い。

魔道杯より眠い、寝たい。

そして3時頃からウトウトしはじめる。

・気がついたら進めた記憶のないボス戦にいる

・ボスをなんの疑問も抱かずただ殴り続ける

・気がついたら陸式にいた

・気がついたら伍式にいた

などなど。

そしてついに6時頃寝落ち。

起きたのは9時過ぎ、順位は67位だった。

そして二つ目の悲劇、寝起きで寝ぼけて三万砲ぶっぱ。

 

しかし寝たのが功を奏したのか、その後は割とスッキリ周り続けられたのだが、ここでもまた悲劇が起きる。

 

新しく台頭してきた3ミリィ型*3に速度が全く勝てないのである。

ノーミスで走り続けても下がる順位。

2人抜くと2人に抜かれる、の繰り返し、まさに賽の河原魔道杯…。

魔道杯を片手で、もう片手で試走しながらデッキを模索するも、何をしてもルルベルが足りず。

最終日に日付変更前時点で辿り着けたのは48位。ウッソだろ…。

f:id:lucy-flcl:20170828224946j:image

23:55時点。

実際は50位だったらしい。

f:id:lucy-flcl:20170828225414j:image

ギリギリすぎでしょ、リアルReal Faceかよ。

 

 

遅すぎた3日目 チームカナメ

気力も無くなり消化試合。

この日は本当に適当に走っていた、というか他のことをしていた。

 

ちらほら「りんちゃんデッキ」という単語を見かけ模索するも、ルルベルがなく断念。

 

そして深夜、明日は仕事だしお疲れガチャして寝るかー、からの奇跡が起きる。

 f:id:lucy-flcl:20170828225601p:image

遅せぇよ…。

これが深夜23時過ぎの出来事…。

f:id:lucy-flcl:20170828225913j:image

この日はこれで終了。

適当に走るのはクリスタルの無駄だから辞めような。

 

 

会社休みたい4日目 チームカナメ

ルルベルゲットにより、「りんちゃんデッキ」とやらを組んでみることに。

 

◆りんちゃんデッキ

f:id:lucy-flcl:20170828230358j:image

           マナ 結晶 結晶
早瀬りん(無覚醒) 0 火パネルブースト 火パネルブースト
ドルキマス2元帥 +200 火パネルブースト 火パネルブースト
メアレス3ミリィ +400 アドヴェリタス 赤火HP-200*4
サタ女2ルルベル +200 火パネルブースト 火単ATK+300
サタ女2ミィア +400 残滅+100 魔族ATK+300

ルルベルSS殴り→りんSS元帥SSミィアSS→殴り→殴り→ミリィSS

アマンが欲しかった…。

断片的な情報で作成したのであってるのかは不明。

 

ただ、火単に比べてとにかく早い。なにこれ。

誤答もOK。なにこれ。

あまりの速さに高揚しすぎて会社休もうとしてた。

はえはえー!!!と走ってたら3時。

いやだから明日会社。

 

 

魔道杯終了

とにかく、イベント覇級の人権を取れてもデッキごとの速度差が酷い、という状態。

自分には地獄のような魔道杯だった。

が、同時に「接待なら引きゃいいんだよ」というのも身をもって実感した。

今回はどう考えても引きすぎだったが。

 

f:id:lucy-flcl:20170828231043j:image

 

とまあつらつら書いたのだけれど、まず間違いなく次回も参加するだろうし、でもイベントトーナメント水推奨なんだろうし(レッジはいないし)気が重いです、というのが感想。

あとキャップ解放お願いしますコロプラ様………。

クリ割魔道杯がこんなに辛いなんて……。

 

 

 

 

 

*1:魔道杯開催前にトーナメントを周り、終了せずにおくことで開催直後に1周したことになる

*2:目標ポイントごとにランダムに組まれた5人1チームで、総ポイントを競う

*3:ルルベルや新人王アマン、ヤエを主軸にボスをミリィSSでワンパンするデッキ

*4:すでにマナ400振っていた為の調整

オンラインウェイウェイ大学生vsオフラインウェイウェイ大学生

Twitterをやっている。
ソーシャルゲームの界隈の人とのコミュニケーションが多いのだが、総じて学生さんが多い。
学生さんが多いというよりおっさん比率が少ない。
その上、大多数が大学生である。

この「ソーシャルゲーム界隈の大学生」、なぜか自分が「非リア充です」と公言している人が多い。
リア充だからTwitter眺めながら、ゲームのツイートをしてゲームに勤しんでます、とアピールする。
そしてリア充を嫌う(そういったネタも含めて)。世間のリア充像を、リア充になってしまった仲間達を。

そう、一般的に、ごく一般的に、そして自動的に、自称非リア充大学生達はリア充を忌み嫌うのである。


だから言っておきたい。
僕から見ると、おっさん目線から見ると、若さが眩しい世代から見ると、
「オンラインの自称非リア充大学生」も、「オフラインのウェイウェイ言ってる大学生」も、ぶっちゃけ一緒であると。

君たちはオンラインで充分ウェイウェイしている。
タイムラインで、ゲームのイベント上で、オフ会ツイートで、充分ウェイウェイしている。
君たちはもう立派にリア充になっている。ヤツらとは舞台が違うだけだ。
少なくともおじさんにはそう見えている。

リア充とは

実際の現実の生活(リアル生活)が充実している人間のこと。

恋人や友人付き合いに恵まれる
サークル活動や飲み会へ参加する
オタク以外の趣味を楽しむ

2ちゃんねるの大学生活板やVIP板のような、ネット上でヒマを持て余す人たちのたまり場で広まり、認識された概念が由来。

オタクはリア充を疎ましく感じており「リア充爆発しろ」などと発言することもしばしばあるが、その際の正しい返答は「僕が爆発したら悲しむ人がいるから(キリッ」であるらしい。<はてなキーワードより>

ほら見てみろ。

・オフラインではさておきオンラインでは人付き合いに恵まれ
・サークル活動(ソシャゲのプレイ)や飲み会(オフ会)に参加し
・オタクとはそもそも「自分の好きな事柄や興味のある分野に、極端に傾倒する人を指す呼称」なんだから、それがない事をむしろ哀れむべきであって、というか趣味があるならそれはもうそのオタクじゃない??

つまり、君たちは立派にリア充してるのである。ウェイウェイ言ってるのである。


だから安心して欲しい。
何度でも言う、君たちはリア充だ。
誇ってくれていいのだ、ウェイウェイ言ってていいのだ。

そして僕はたぶん、彼らに嫉妬している。若返りてぇー、とか適当な事を呟きながら。

ネットスラング脳

僕の頭はネットスラングに毒されている。
電話回線でつなぎ始めた世代である。毒されていない方がおかしい。


そんな僕がはてなにログインしようとしたら、こんな見出しを見つけた。


【トピック】着替えコーデRPGゲームアプリ「ミラクルニキ」が人気!


当然、パニックである。
頭の中で色々なことが駆け巡る。
「ニキ」といえばやはりネットスラングである。
元々は「○○アニキ」を、敬意だとか愛着を込めて「○○ニキ」と略して使われている。というかよく見る。
そんなところに「ミラクルニキ」という文字が飛び込んでくれば「ミラクルアニキ」の略じゃないのか。
ミラクルアニキ。
しかも着替えコーデRPGと書いてある。
そういうアニキ的なアレをコーデしてアレする、ゲームとして成り立つのか?いやでも今の世の中何が起こるかわからんぞ…?

そんな期待と不安を入り混じらせつつ、僕はそのトピックをクリックする。


…なんのことはない、主人公の名前が「ニキ」という女の子だった。
しかもよくよく見てみると世界的にはヒットした作品のようで、このニキという女の子が主人公のアプリはこれで4作目らしい。


僕は数分前の自分を恥じた。
単語を見ただけで、あっという間によくわからないネットスラングに頭を支配されてワクワクした自分を恥じた。
僕の頭はネットスラングに毒されている。
今日少しだけ、ほんの少しだけそれをマズイと感じた。
わかりみが深い。

当ブログに関して

Memorizemovable type→FC2からの4代目ブログです。

過去ログはPCごと飛びました。

ジャンルは適当です。

たまにしか書きません。